トレーニングジム通いを決めた人へ、選び方や入会までの流れを案内します

>

自分に合ったジム選びをしましょう

スポーツジムか、フィットネスジムか?

まずはそれぞれの施設の内容を知っていきましょう。

・フィットネスジム
室内プールやトレーニングジムといって室内の施設があり、指導員を配置した会員向けの施設です。
ほとんどの施設が会員制で、インストラクターやトレーナーといった指導員がいる総合的運動施設です。
経済産業省によって、設置しなければならない施設や人員が定められているのも特徴です。
・スポーツジム
フィットネスジムが総合的にスポーツをする為の施設だとすれば、スポーツジムは『筋肉を鍛える為』のマシンやトレーニング機器が置いてある施設と言えます。
民営の施設と公営の施設があり、料金面で違いがあります。
民営の大手スポーツジムは会員費と月々の利用料とがかかりますが、充実したマシンの利用やトレーナーの指導を受ける事ができます。
公営だと1回ごとの料金も格安であり使い易いですが、施設によってマシンの充実度が違ったり、トレーナーの指導はあまり望めません。

どちらの施設がいいのか?

それぞれの利点と欠点を見比べてみましょう。

・フィットネスジム
トレーニングはもちろん、ヨガやスイミングなど内容のレッスンに参加ができます。
エステやスパなどのリラクゼーション施設も併設されているのも特徴です。
多様な使い方ができ様々な年齢層の人が使う事が出来る反面、混雑する可能性もでてきます。
受けたいレッスンが定員に達していたり、ロッカーの空きがない場合がでてきます。
・トレーニングジム
自分で上手くトレーニングメニューを組む事ができれば、安い料金で目標を達成することができるでしょう。
しかし、初めてジムを利用してのトレーニングを行う場合それはなかなか難しくもあります。
バランスの悪いトレーニング内容だと、良い効果はあまり得られません。

大まかな違いは以上になりますが、当然施設によっては異なります。
自分の目的にあった施設を選んでいきましょう。


この記事をシェアする